ぶかさぽ!~部活サポートコーチング~

子供たちとの関わりや、コーチングを通しての成長や気付きを更新中

移転のお知らせ

こんにちは、お久しぶりの投稿です。

 

やっと、ある程度の移転作業が完了しましたので公開しました。

bukasapo-coach.com

 

まだまだ未完成ですが(;^_^A

これからは新サイトの方で
更新していきますのでよろしくお願いいたしますm(__)m

f:id:chobobi:20170530234903j:plain

 

レッツ!チャレンジ(*´∀`*)♪

【メンタルトレーニング&コーチング】

こんばんは!

【ぶかさぽ!】スポーツメンタルコーチの

杉本です(^^)/

 

さぁ、いよいよ試合2日前。

 

7月に入ったら
夏の総体が始まり、試合が続きます。

 

昨日は我がチームの

メンタルトレーニング&コーチングdayでした。

 
f:id:chobobi:20170629001429j:image

 

みんな慣れた様子でワークシートに取り組み、
自分自身と真剣に向き合っていました。

 

そのあとは書き終えた順に1人1人と
ミニフォローセッション。

 

みんな、良い顔してた♪

 

「この子たちなら必ずやれる!」

 

そう感じました。

 

良い緊張感の中で大好きなバレーボールを
思いっきり楽しんでもらいたいですね♪

 

 

 

別の競技でサポートさせて頂いてる選手も、
選手自身、親御さん共にかなりの変化を
感じてくれているようで、
その報告を頂いた時は感極まって泣きそうになりました。

順調で嬉しい限りです(^^)

(後日、感想を頂いた際にまた掲載させてもらいます)

 

 

 

さて、中学生は
どの競技もこれから総体ですね。

 

全ての選手、個人個人が
いろんな想いを持って挑みます。

 

この大会は負けたら終わりという
プレッシャーもありますし、
負ければとてつもない悔しさを味わいます。

 

しかし、結果だけが全てではなく、
本当に最高の成長の場になるということを毎年感じています。

 

なので選手もそうですが、
私も2日後が楽しみでワクワクしています(^^)/

 

でも、そんな大事な試合だからこそ
よく起こるのが

「緊張して力が出せない」という事態。

f:id:chobobi:20170629013654j:plain

せっかくの大舞台。もったいないですよね。

 

【緊張や不安の対処法】の1つとして

 

まずは

「緊張していることを自分自身が受け止める」

ということが大事です。

 

「ああ、俺(私)今、緊張してるな」

「今、不安になっているんだな」 

 

と、独り言でもいいので
口に出してしまいましょう(^^)/

 

そして、そういう時は大抵、
呼吸が浅くなっているので整えるために

深呼吸です。

 

意外と落ち着きますよ♪

 

 

緊張や不安は、押し殺そうとすればするほど高まるので、自然に受け止めてあげるのが一番です。

 

 

f:id:chobobi:20170629013940j:plain

さぁ、最後までとことん楽しんでいきましょう♪

 

 

 

【朝活コーチング】

こんばんは!

【ぶかさぽ!】メンタルコーチの杉本です(^^)/

 

只今、朝活コーチング実験中です♪

 

希望者に朝の10分間、

電話でコーチングしてます。

 

毎日の希望者はまだ1名ですが、

かなり気に入ってくれてるようです。

 

  • 朝から、1日のやるべきことが明確になって、「頑張ろう!」って思えます♪
  • 早起きしてる分、授業中に眠くなってしまってたのに、朝活した日は眠くならなかったんです!
  • 集中して授業が聞けました♪

 

と、嬉しい感想ですヾ(≧∇≦)

 

昨日は希望者が3名いたので、

朝の5時からハイテンションで電話してました(笑)

 

やはり、

 

【どんな気分で取り組むか】

 

これが一番大事ですね。

 

そして、

【どんな気持ちで取り組ませてあげれるか】

 

これも大事。

 

 

 

 

f:id:chobobi:20170609223611p:plain

 

「こんな気持ちでやればいいんだ」と

成功体験として覚えてもらえれば、どんどん成長してくれますね♪

 

 

 

 

【試合までにできることを探す】

こんにちは!

【ぶかさぽ!】メンタルコーチの杉本です(^^)/ 

 (先週書いた記事です)

 

高校生は夏のインターハイ予選がそろそろ始まりますね。

 

私のところにも卒業生が

もうすぐ試合なので修正したいことがあると、

学校に行く前に中学校に寄って、朝練に参加してくれました。

 

ただ、試合まであと一週間なんですよね(^_^;)

 

型を気にして練習に来たのですが、

間に合わないどころか逆に調子を崩してしまう可能性があります。

 

コーチングセッションを受けたいと言ってくれたので

その場でミニセッションを行うことに。

 

 

まずは、「本当にその修正は必要なのか」

というところを焦点に当てて聴いてみます。

 

「まず、そのプレーの目的はそもそも何することだっけ?」

 

「一週間でフォームが治ったとして、そのおかげで成功する確率が60%~70%だったとしようか。で、今のフォームのままプレーしたとして、成功する確率はどれくらいかな?」

 

選手「……同じくらい。笑」

 

なにやら気付いたようです。

 

ここからどうなるのか、

未来のことはまだわかりません。

 

でも、今回気づいたことで

そのままの未来でなくなったのは確実です。

何かが変わった。

 

その後、他にもいろいろ話して

スッキリした顔して登校していったので

きっと大丈夫(^^)

 

 

【振る舞いが変われば未来が変わる】

【振る舞いが変われば未来が変わる】


ブレない自分になるためのセルフコーチング。
(自分自身への問いかけ、選手用)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたは、どんな大人になりたいですか?

どんな未来を本気で望みますか?

どうして、そうなりたいのですか?


理想の自分はどんな振る舞いをしていますか?


理想の自分になるために
今すぐに変えれることは何ですか?
今からやれることは何ですか?

f:id:chobobi:20170530234747j:plain

 

未来を変えるのは
周りの環境や誰かではなく自分自身。

 

今すぐに何か少しでも変えれば
現状が変わり、未来も変わる。

 

さぁ!!

f:id:chobobi:20170530234903j:plain

 

さて、試合まであと4日です。
時期が時期なだけに、同じ日に試合がある方たちもいるはず。

その試合に向けて

どんな未来を想像しますか? 😌

どんな活躍をして、

どんな雰囲気で、

誰が応援してくれていて、

皆がどんな表情で、

どんな試合をして、

一点取ったらどうなって、

勝ったらどんな気持ちになって、

応援してくれている人、1人1人がどんなふうに喜んでくれて、

相手をどうやって倒して、その時にはどんな気分になって

その次の相手にはどうやって勝って、その時にはどんな気持ちになって、

さぁ、最後は、どんな勝ち方する?✨

どんな感情が沸いてくるだろう?

その時のあなたは、
どんな振る舞いをしていますか?

f:id:chobobi:20170530234549j:plain


ヤバい……書いてるだけでニヤニヤしてきた( ̄~ ̄)ニヤニヤ


さぁ!楽しんでいきましょう。


~~~余談~~~~

差し歯が抜けました、

慌てて歯医者に行きました😪😪

なんとか元通りにしてくれました。


練習中じゃなくて良かった。
試合の日じゃなくて良かった。
歯医者が開いてる時間で良かった。


ということで結論。
思うほど、悪い出来事でもなかった。


物事は捉え方次第♪

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へいつもありがとうございますm(__)m

よければポチっと1クリックしていただけると嬉しいです♪

問題や壁にぶち当たったとき

こんばんは!メンタルコーチ杉本です。

 

今日のテーマは

【問題や壁にぶち当たったとき】です。

 

 

私が所属しているチームの新1年生には

バレーボール経験者1名と未経験者が3名います。

 

どの競技も同じだと思いますが

経験者と未経験者でスタート時にはかなりの差があるんですよね。

 

その差は、

そのうち埋まることもあるし

埋まらないままということもあります。

 

差がなかなか埋まらない原因の一つとして

 

「私は未経験者だからあんなふうにできない」と、

 

最初から自分と相手との間で

心の中で勝手に格差をつけてしまうことです。

 

これでは、いつまで経っても

差は縮まらないですね。

 

実際に私が所属しているチームの

一年生にも聴いてみたところ、

 

「壁を感じる」

「1年生と2年生ぐらいの違いを感じる」

 

と言っていました( ¯―¯٥)

 

f:id:chobobi:20170518221101p:plain

そう自分の中で決めてしまっていること自体が壁を作ってしまっているのです。

 

そこで、

「誰にでもなれるとしたら誰になりたい?」

「2年後、どんな選手(誰みたい)になりたいと思ってる?」

と聞いてみました。

 

「○○さん(3年生)みたいになりたいです!」

 

と、答えてくれました。

 

 

まだ、他のチームも見たことがないし、

プロの選手も知らないこの子たちの

最初の「なりたい姿」は、やはり3年生です。

 

「じゃあ、○○さんなら、どんなふうに練習に取り組むかな?」

「○○さんなら、どう考えそう?」

と、聴いてみます。

 

選手「何事も諦めずに、声を出して練習をやり切りそうです!」

 

f:id:chobobi:20170518221319p:plain

 

いい感じです♪

他にもたくさん聴いてみて

 

 

私「じゃあ○○さんになりきってやってみようか!」

 

 

たった5分~10分話しただけで

取り組み方が変わりました。

 

目の前の1年生同士の壁より、

自分がなりたい姿になるために何をするのかを見つけたようです。

 

 

困ったとき、問題にぶつかった時なんかは、本人が尊敬する人をモデルに「○○さんなら、どうするかな?」と聞いてあげると答えが出たり自信を持ってやれたりすることがあります。

  

モデルは実在する人物でも

実在しない人物でもOKです(^^)/

 

成長するに従って、なりたい人物像も変わるだろうから

そのたびに更新していくのもいいと思います。

 

 

心が変われば振る舞いが変わる!

振る舞いが変われば結果も変わる!( ㆆ ㆆ)و✧

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へいつもありがとうございます。

↑↑ぽちっと1クリックしていただけると嬉しいですm(__)m

周りの環境

こんばんは!

 

今日のテーマは

「私たち大人が選手(子どもたち)と関わるときに大事にしたいこと」です。

 周りの環境って大事ですよね。

 

人は成長する過程の環境によって、

自分の考え方を固めていきます。

 

「(あなたには)できない」「無理」

「だって」「でも」

「あの人が~だから」「みんなが~だから」

「またミスか…」

「何回言ったらわかるんだ」

f:id:chobobi:20170511215826j:plain

 

という環境にいると

気持ちが下がっていきやすくなり

気持ちが下がるので失敗も多くなり

また気持ちが下がって

自信が無くなってしまいがちです(^_^;)

 

一方

 

「(あなたなら)できる」

「いいね!」

「やれそうだ」

「私もやる!」

「もう少し○○すれば良くなる」

「自分ができることを探そう」

 「もう一回やってごらん」

f:id:chobobi:20170511220909j:plain

という環境にいると

自然と気持ちは前向きに変わり

失敗しても、前向きに捉えられるので

もっと良くなるよう改善をしようとします。

次へのチャレンジもしやすくなり

成功も増えやすいですね。

 

(必ずしもそうなる、ということではないですが)

 

そう考えると

 

私たち大人がまず最初にできることって、

子どもたちがチャレンジしやすいような環境を作ってやることだと思います。

 

その中のいくつもの失敗なんて

「成長の一環でしかない」ですよね。

 

大きな心で

温かい目で

成長を見守る

時には方向修正してあげる

 

f:id:chobobi:20170511214437j:plain

 

これが一番大事なんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ いつもありがとうございます。

↑↑よければポチっと1クリックして頂けると嬉しいですm(__)m