ぶかさぽ!~部活サポートコーチング~

子供たちとの関わりや、コーチングを通しての成長や気付きを更新中

【試合までにできることを探す】

こんにちは!

【ぶかさぽ!】メンタルコーチの杉本です(^^)/ 

 (先週書いた記事です)

 

高校生は夏のインターハイ予選がそろそろ始まりますね。

 

私のところにも卒業生が

もうすぐ試合なので修正したいことがあると、

学校に行く前に中学校に寄って、朝練に参加してくれました。

 

ただ、試合まであと一週間なんですよね(^_^;)

 

型を気にして練習に来たのですが、

間に合わないどころか逆に調子を崩してしまう可能性があります。

 

コーチングセッションを受けたいと言ってくれたので

その場でミニセッションを行うことに。

 

 

まずは、「本当にその修正は必要なのか」

というところを焦点に当てて聴いてみます。

 

「まず、そのプレーの目的はそもそも何することだっけ?」

 

「一週間でフォームが治ったとして、そのおかげで成功する確率が60%~70%だったとしようか。で、今のフォームのままプレーしたとして、成功する確率はどれくらいかな?」

 

選手「……同じくらい。笑」

 

なにやら気付いたようです。

 

ここからどうなるのか、

未来のことはまだわかりません。

 

でも、今回気づいたことで

そのままの未来でなくなったのは確実です。

何かが変わった。

 

その後、他にもいろいろ話して

スッキリした顔して登校していったので

きっと大丈夫(^^)